« 2009年6月 | トップページ

久しぶりの仕事

 昨日は、新しい職場の初日の出勤でした

 佃煮や漬物などを、大きな袋から出してパック詰めしていく作業です

 久しぶりの立ち仕事は、ちょっときつかったけれど、先輩方もとても優しい方で安心しました。

 仕事の条件は良くても、結局一緒に仕事をするメンバーで決まるもの、大切にしていきたいですね 

 早く 戦力になるように頑張らなくては

 そして、今日は、我が住んでいる団地の自治会の班長会議です 我が家は4班の班長なので、参加しなくてはいけません

 プライベートも仕事も大忙し でも幸せですバイ

 今日もこの幸せに感謝して

| | コメント (1) | トラックバック (0)

七夕の日の検査

 7日の七夕の日は、大学病院で術後初めての検査でした。

 血液検査とエコー検査 ゆうちゃんは久しぶりに先生と会うのでちょいと緊張気味

 女性で小児外科医で33歳の先生は、顔も綺麗で優しい先生 松たか子に似た感じの素敵な先生は母の私もゆうちゃんも憧れ~

 「ゆうちゃんは大きくなったら、先生みたいに小児科の先生になって お友達をみんな助けるんだ」 と頼もしい言葉を口にしてくれました

 本当に小児科病棟は、思っていたほど、暗い場所ではなかったというのが感想です。週に一度院内学級で、小さい子たちも含めてみんなで歌を歌ったり、工作をする時間があるのですが、みんな笑顔がとても素敵でした

 みんな自分を諦めてない みんな夢や希望を持って治療に取り組んでいるんだなって感じました 

 きっと病気を受け入れるまでには、悩み苦しんで、時間もかかったかもしれない・・・でもそれを乗り越えて 病気と向き合っているんです。与えられた命をけして無駄にしていないんです

 目が見える、耳が聞こえる、手足が自由に使える、そんな当たり前のことを小児病棟にいる子供達は、大切にしている。

 命は大事にしないとね。

 とにかくも検査結果は良好です  今日も相変わらず、泣きながらの登園でした

 とりあえず泣かないときがすまないようです

 人気ブログランキングへ こちらをクリックしていただけたら光栄です

  今日も素敵な一日に感謝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早い返事

 前の仕事場からのクビの通告を受けて早2週間くらい。

 早速めげずに次の仕事探し

 今までいろんなことを乗り越えてきた 

 もうどんなことがあっても弱音ははかないぞ なーんて心に決めて 求人案内で見た近所の製造工場に面接・・・・・その結果

採用決定 やったー あまりにも条件がよかったから 受かればラッキーって感じだったけど、本当に良かった

 ココロのそこから安堵感

 仕事は金曜日からに決まりました。

 結婚してもう五年目 最近では夫婦間であまりスッキリいってなかったけれど、娘の病気をきっかけというか、これじゃいけないというメッセージを、ゆうちゃんの病気を通して教えてくれたような気がする。

 退院してからもけしてうまくいっている感じではなかったし、でもそれじゃ今までとなんら成長もないし、お互いが良い方向に向くために、まずは夫婦が歩み寄らなくてはいけないんだなって、つくづく思いました

 人間は未熟な生き物・・・きっと命が尽きるまで勉強なんだなあ

 事の重大さに気づくか気づかないか・・・改めて考えることが出来ました。

 今日は、旦那のあっくんが休みだったので そのことには触れなかったけれど、お互いが生活していくうえで、必要な相手だと言うことを再確認した日だったような気がする

 最近会話が無かった分、近況報告をたくさんすることが出来ました

 そして、新しい仕事場へ・・・

 新たな私の出発点 大げさかもしれないけれど、大げさに話をさせてくださいな

 本当に家族に感謝 当たり前に生活が出来るこの環境を心から感謝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再就職活動

 本格的の子育てから家計を助けるために仕事をする・・・・

 小さい子供を持つままの就職活動は本当に大変だと言うことを、前回の就職活動で実感したけれど、それを半年と待たずしてこの状況になるとは思いもよらなかったわ・・・。

 そして、早速求人情報誌を片手にの日々の始まり・・・そして今日は、一つ目の会社の面接

 勤務時間は9時から3時半まで、車通勤可能、土日祝日休み、そしてなにより自宅から車で5分程度の場所にある 製造工場なのだ

 採用人数は2人 どうにかどうにかすべりこめますように

 面接をした方は、男性の方で社長さんなのか、なんなのかわからなかったけれど、会話の感じから少しだけの手ごたえを残しつつ、会社を後にしました。

 明日は、ゆうちゃんの術後始めての大学病院の診察で 保育園はお休みです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

娘の円形脱毛症

 本格的な梅雨の天気に 家の中も何となくジメジメとベタベタ・・・ 

 今日は、月曜日手術後のゆうちゃんもあれから3週間 先週は、慣らしで午前保育だけだったのですが、本日からは本格復帰で夕方まで保育園で過ごします 

 やっと普通の生活に戻り、私も新しい仕事探しへと動き出さなくてはと、午前中目当ての会社に電話をしました 今日の2時から面接が決まり、その準備をやっと済ませ、パソコンの前に座っております

 そう、昨日お風呂から上がり、ゆうちゃんの頭をドライヤーで乾かしておりましたところ、なにやら変な違和感・・・もしやと思いくしでとかしながら見ていきますと・・・・

 十円玉の一回り位大きく髪の毛が抜けておりました うそー 他のところを見つけてみましたが、とりあえずその一箇所のみのようです

 3歳の娘に円形脱毛症 かなりショックでした

 たしかに ここ最近は、入院に手術と痛みに耐えながらの生活をしてきた娘・・・でもこんな形であわられたのは、親の私としてもとてもショックで・・どうして・・・って感じです

 すぐに調べたら、原因は、ストレス障害、自己免疫疾患、遺伝などがかかれてありました。痛みや入院生活のストレスなんだろうなとは思いますが・・・・あいにく私に似て髪が多いため 隠れてしまうのでよかったんですが、今後増えていくようなことがあるかが不安です

 娘の心の中は、娘にしかわからない部分だってあるし、 でも出来る限りストレスを克服するような環境を作らなくてはいけないって思いました

 これまで出来る限りのことを親の義務としてやってきたつもり・・・でもここに来て 私も子育てについてもう少し考えなくてはいけない・・・そうしないとゆうちゃんが壊れてしまう・・・。

 明日は、七夕 そして退院後はじめての診察を受けに大学病院に行く予定です。先生にもこのことで色々聞いてみようと思ってます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下された返事

 術後のゆうちゃんは、体調も良く一昨日腹痛を訴えたけれど、便の出が悪かったくらいで特に心配することも無く、順調に過ごしています

 保育園も1日から通いだしたけれど、元気に行っているので一安心といったところ・・・

 何もかも順調な滑り出しと思いきや・・・・ 私が涙の決断を受け入れなくてはいけなくなりました

 5月の末から仕事をお休みいただいておりました6月すべて休みをもらい、退院後挨拶に行きました。お中元の忙しい時期にお休みをもらって迷惑をかけたので・・・・。

 当初は、ゆうちゃんの術後の経過が予測できなかったこともあり、7月末まで休みをもらっていたんだけど、

 どうやら私の席に新しい人が入ることが決まったらしく、私が使っていたロッカーも 私の私物が出されて、新しい人の名前が貼ってありました

 わかってはいたけれどかなりショック

 覚悟も決めていたけれど、やっぱりショック

 休憩室に入ると、色々仕事を教えてもらった方がいらっしゃって思わず号泣してしまいました

 休んだ理由が理由だっただけに、悔やんでも悔やみきれないし、やっぱり娘のことが大事だったけれど、タッチの差だったから なんとも言いようがない

 また明日から仕事探し そう手元には求人案内がある 暗く考えず、これは偶然ではなく、必然だったと考えよう・・・そう考えたら気持ちが楽になってきた

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よく頑張った入院生活

 なかなかゆっくりブログを書ける時間がなかったのですが、娘とともに先月の24日に無事退院しました 当初の予定では七月にまたかけるのかなと思っていたら、術後あんなに苦しんだものの、高熱が下がり始めると 見る見るうちに回復していきました

 一時は術後に41度熱が出て、肺のレントゲンまで撮ったりしたのですが 全くの異常なしで、23日に最終のエコーの検査でオッケーと言われてからは、すぐ翌日退院を希望して 24日にお昼まで頂いた後、久しぶりの我が家に帰りました

 やっぱり我が家はいい そして久しぶりの息子タックンの顔を見て 一ヶ月ぶりのタックンにかなり成長も感じたりして・・・・・。

 当たり前に生活できることがどんなにすばらしいことなのか・・・娘の病気・入院を通して たくさんの事を得ることが出来ました。 それまでは時間に追われて、子供にきつく当たることも多かったし、ちゃんと向き合えてなかった・・・・。そのわりには、子供達に求めることは多く、ああしなさい こうしなさいといっていた私。

 でも 病気も無く、笑顔でみんな揃って過ごせるのがどんなにいいことか、本当に本当によかった。

 昨日から、保育園に行きだしました。まだ油断は出来ないので、私も家で待機している感じです さすがに久しぶりの園は、やっぱり号泣 まあ仕方がない

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ